【ブロガー必見】作業に集中しパフォーマンスを向上させる環境とは

ブログ

 

今回は、

作業に集中しやすい環境づくり、そしてその方法を
人間の心理に紐づけながらご紹介させていただきます。

  • 家で一人で作業しているが、なんだか集中できない…
  • 休日なのに作業に集中できず結局何もせずに一日が終わった…
  • 休憩でテレビを付けたら、数時間経ってた…

なんて経験は誰にでもあると思います。

会社で仕事をする分には、周りの目がありますので
そう簡単にさぼったりできるわけではありませんが、
ブロガーさんや副業の作業などは自発的に、一人で進めなければなりません。

早速、そんな皆さんに紹介する方法とは

周囲に人がいる環境で作業する

というものです。

実は外で作業するのは効果的なのです。
心理学的にも効果が見込めますので、ぜひ最後まで読んで
実践してみてください。



そもそも自宅の場合気が散る要素が大きい

自宅には大抵の場合手の届く範囲に
集中力を散漫させるモノがたくさんあります。

テレビ、雑誌、漫画、ゲーム…

これらは作業において集中力を低下させる原因となります。
まずは、手の届く範囲にこのような邪魔ものが少ないだけでも
外での作業をお勧めできる大きな要素と言えます。

人に見られているという環境が緊張感を与える

 

ただ外で作業をすればいいという問題ではありません。
公園のベンチや家のバルコニーでやったのでは効果は見込めません。

カリフォルニア大学の心理学者チャールズ・ウォーリンガム教授がとある実験をしました。

【内容】
 ジョギングコース走る人の約80メートルの間の走る速さを測定する。
 その際40メートル付近に女性を座らせ、目の前を走っている人を見つめる
                    ↓↓↓↓
【結果】
 ほとんどの人が、女性に見られていると知ってスピードを上げた
 つまり他の人が見ている前では、手を抜かずに走った。

似たような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

また、

学生時代、家で勉強するよりも
皆が同じ空間で勉強している、図書館や自習室の方が勉強が捗った

なんていう経験も同じ状況です。

逆に、
人に見られていると変に緊張感が出て
良いパフォーマンスが発揮できなかった。

という経験も同じく記憶にあるのではないでしょうか。

例えば僕のケースですが、

ビリヤード始めたての頃、近所のボロボロのビリヤード場で一人で練習しているときは
それなりに上手にできたのに、何人か同時に遊んでいる、ちょっと街中のビリヤード場だと
なんだか見られているような気がしてうまくできない…

なんて経験をしたことがあります。
これも似たような経験をお持ちの方は多いと思います。

つまり何が言いたいかと言いますと、

【慣れていないこと】は【人に見られているとうまくやれない】
【慣れていること】は【人に見られている方がうまくいく】

ということです。

 

作業はカフェや図書館がおすすめ

 

では同じく、作業の場合に当てはめて考えてみましょう。

例えばあなたがノートパソコンでブログを書いたり仕事をしたりするとして
パソコンの作業には慣れていますか?

慣れているんだとしたら人に見られる環境下の方が
より高いパフォーマンスを発揮することができるでしょう。

作業に集中するためには、誰かの目に入りやすい、
カフェ図書館などの人の出入りがある程度ある場所での作業がおすすめです。
見られているという感覚を持ちながら作業しましょう。

作業、仕事でも同じで
一人の空間での作業となると、よほど意思の強い人でないと
どうしても手を抜いてしまいます。

作業場所一つ変えるだけで、
自分自身へ程よい緊張感を与えることができ
より作業への集中を図ることができます。



まとめ

今回はパソコンでの作業でしょうかいさせていただきましたが、
この

【慣れていないこと】は【人に見られているとうまくやれない】
【慣れていること】は【人に見られている方がうまくいく】

という考え方は、様々なものに当てはめて考えることができます。

勉強やスポーツの練習など何でも同じです。

集中する方法なども調べればいくらでも出てきますが
場所を変えるだけで効果が得られる画期的な方法だと思います。

たまには外に出てみてください。

新しい発見があるかもしれませんよ♪



 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました